貸事務所はレンタルオフィスとも言われています。この貸事務所というのは、業務をする際に、必要不可欠なイスや机、事務作業を行うための執務空間、パソコンや印刷機などの多くの情報機器などが備えられているオフィスを、自前で賃貸借契約という賃貸人や貸主などがある物の使用及び収益を借主や賃借人にさせることを約して、賃借人などがこれに対して、その賃料を支払うことを約することを内容としている契約そのものを結んで、ビルのオーナーなどから事務所をそのまま借りるよりも低いイニシャルコストで借りることができるものです。提供サービスや課金方法などの違いで色々なタイプに分類されることができます。低いイニシャルコストで事務所を借りることができるので、起業オフィスとしての利用する人たちが多いと言われています。種類としても多くあり、期間貸しや時間貸し、バーチャルオフィス、インキュベーションオフィス、サービスオフィス、サービスマンション、サービスアパートメントなど多くの種類があります。これらの簡単な説明をします。期間貸しというのは、一番一般的な貸事務所の種類になっています。時間貸しというのは、一部の大手事務機器メーカーやレンタルオフィスの一部が行うビジネスセンターに近いサービスになっています。バーチャルオフィスというのは、住所や電話番号の賃与、電話対応サービスを駆使して、そこにオフィスがあるかのように対外的にPRすることができるサービスです。次にインキュベーションオフィスというのは、起業や創業のために活動する入居者を支援する施設のことを言います。これらのように、貸事務所にはさまざまな種類のものが多くあり、多くのサービスの提供をしています。これらがあることで、事務所を借りるときにお金もあまりかかることなく、さまざまな機器やサービスを使用することができるのでとても便利なものだと思います。これらのサービスがより多くの地域に広がっていけばいいと思います。