貸事務所にはより多くの種類があり、その中でも多くのものが便利だと思われて、より多くの人たちに利用されているものがあります。そしてその中でも知られていないものも多くあります。今回は、この中でもあまり話題などでも出てきていない、サービスオフィスとサービスマンション・サービスアパートメントについての説明をしていきたいと思います。まず、サービスオフィスです。サービスオフィスというのは、貸事務所の中でも、ワークスペースや通信環境の提供だけにとどまることなく、エントランスや会議室などの共用施設を設けて、さらにテナントの希望によって受付や電話応対、秘書などの人的サービスまで提供するという高付加価値型のビジネスモデルのことを特に「サービスオフィス」と区別して呼ばれているという場合があります。サービスオフィスそのものの名前を固有名詞として使用しているという事業者も数少なくですがあるのですが、最近では運営母体に関わらずに、一般名詞として使用されるケースも少なくないと言われています。次に、サービスマンションとサービスアパートメントについて説明します。この二つは、住居とオフィスを兼用できるスペックがある貸事務所になっています。サービスのグレードによって1か月の賃料が20万円から300万円程度の差があるということもあるそうです。このようにあまり知られていないと思いますが、とても便利なものになっています。これからもより多くの人々に利用してもらうように頑張ってもらいたいと思います。