貸事務所というのは、いつごろから使用されてきたのでしょうか。そしてどのようにして使用されるようになってきたのでしょうか。これらの歴史について説明をしていきたいと思います。まず1978年、オーストラリアの企業家でいたアルフ・モーフォレッジが、「複数のテナントが入居するサービス付きオフィス」というビジネスモデルを立ち上げて、サーブコープを設立しました。そして、1989年にはイギリスの企業家、マーク・ディクソンがベルギーでブリュッセルにおいて「サービススタッフが常駐し、必要な時にいつでも使える環境が設備されたオフィススペースを、出張者をはじめ同様のニーズをもつ企業に提供する」というビジネスモデルを立案し、リージャスビジネスセンターを開設しました。そして、サーブコープとリージャスなどのレンタルオフィス企業というのはこれから世界各地に広がっていき、20世紀末には日本にもレンタルオフィス企業が進出しています。そして、今現在もレンタルオフィス企業は世界に拡大を続けています。日本には1997年頃からスタートしたと言われています。その年にサーブコープが日本におけるドメインを所得して、サーブコープ・ジャパン株式会社を設立しました。ここから貸事務所がどんどん世界に進出しました。このようにして、貸事務所というのは、どんどん世界に広がっていき、世界の人たちから使用されるとても便利なものになりました。これからも、より多くの国々に広がっていき、より多くの人たちを助けるために役に立つように増えていけばいいですね。